在庫が無い!代わりに高品質な電動オナホールは?

 

電動オナホールの中でも、あまりにも他の商品に大きな差をつけて爆発的に売れているA10ピストンSAA10サイクロンSA

 

 

この2つの機種はどちらも在庫がすぐになくなり、その後数ヶ月待ち・・・なんて状態が続くことが頻繁にあります。

 

 

在庫が無い状態が続く中で、それでも何か気持ちいいおススメの電動オナホールが欲しいという、人のために今回は私がチョイスした代わりになる電動オナホールを紹介します。

 

 

選んだ基準は、最も重要な”気持ち良さ“が、A10ピストンSA・A10サイクロンSAと同程度のものとして選んだものだけにしています。

 

A10ピストンSAが無い時の、おススメは?

 

A10ピストンSAが在庫切れの場合におススメできる機体は“NLSピストン”でしょう。

 

 

なんと言っても、A10ピストンSAの専用ホールをそのまま使用できる点が最も大きいメリットです。

 

 

正直いうと、ピストン稼働させなくても自分で腰を振るだけでも十分に気持ちいいホールでした・・・。

 

 

それをさらに稼働させると、快感レベルはA10ピストンSAと、ほとんど変わりがなくリアルさも大きいのは言うまでもありません。

 

 

値段も“3分の1程度”と、ピストン式で高品質な電動オナホールの中では、かなり安く実際に人気も高いです。

 

 

しかし、快感レベルが高いこととは反対にそれ以外のシステムはピストンSAの方が良い点が目立ちます。

 

 

例えば本体は有線接続なため、ワイヤレス接続ではありません。

 

 

また、音と反動はやはり気になる人もいると思います。

 

 

とにかく気持ち良いピストン式が欲しい!という人は、購入してみても良いかもしれません。

 

NLSピストンのメリット・デメリットまとめ

 

メリット

  • とにかく快感はA10ピストンSAレベル
  • 価格がA10ピストンSAの3分の1以下
  • A10ピストンSAの専用ホールが使える

デメリット

  • 反動と音の大きさが気になる
  • ワイヤレスではない

 

NLSピストンの在庫確認はコチラ

 

A10サイクロンSAの在庫が無い時に、おススメは?

 

回転系の電動オナホールで右に出る機種は無いと言い切れてしまうほど人気の高い“A10サイクロンSA”もピストンSA同様在庫切れの多い機体です。

 

 

そんなサイクロンSAに負けないくらいの快感レベルの電動オナホールは、“Happiness Cup”でしょう。

 

 

専用のホールはサイクロンSAのように多いわけではありません。付属の1種類だけです。

 

 

しかし、動きのパターンは回転運動で10パターンあり、なんとHappiness Cupはピストン運動にも対応しており、そちらも10パターン。

 

 

合わせて100通りの動きが可能なんです。

 

 

気になる快感に関しては、数ある回転式電動オナホールの中でも非常にA10サイクロンSAに近いです。

 

 

というか、ホールの洗いやすさやボタン操作のしやすさなどを考慮すると、場合によってはHappiness Cup の方がいいな・・・と感じることがあるくらいのレベルです。

 

 

さらにコストパフォーマンスも非常によく、A10サイクロンSAの半分以下の値段で手に入る点は、入荷までに購入する電動オナホールに最適と言えます。

 

 

壁に貼り付けて使用することもでき、手放しでのプレイもできます。

 

 

静音性はA10サイクロンSAの方が上ですが、家に自分しかいなくて回転系で気持ちいい電動オナホールを探していた、という人は購入して失敗することはまず無いと思います。

 

Happiness Cupのメリット・デメリットまとめ

 

メリット

  • 回転式の中でもかなりサイクロンSAに近い
  • 回転パターン100パターン
  • コスパがいい(1万円以下)
  • 壁に固定可能

デメリット

  • サイクロンSAよりは音が大きい
  • 専用ホールが1つしか無い

 

Happiness Cupの在庫確認はコチラ

 

SAシリーズの在庫が無い時のおススメまとめ

 

これから、様々な電動オナホールの新作が登場する中で、おススメも変わってくるとは思いますが、2019年1月時点で本気でおススメできるのは紹介したNLSピストンとHapiness Cupの2機種ですね。

 

 

どちらもそこまで高価ではないので、我慢できずにデリヘルを呼ぶくらいだったら、とちらかを購入して同じレベルの気持ち良さを体感できた方が良いと、個人的には思いますね。

TOPへ