喉奥の締め付けに亀頭責め!エレクトリック・ディープ!

 

私は振動系の電動オナホールはあまり好んで使いません。

 

 

なぜなら、どうしても回転系やピストン系に到達できなかった“妥協したマシン”というイメージがあるんですよね・・・。

 

 

ただ、このエレクトリック・ディープに関しては、NLSの電動オナホールランキングでも比較的上位に位置している振動系で、価格もかなり安かったので今回購入してみることにしました。

 

エレクトリック・ディープ開封

 

箱はかなり小さめ、片手で軽々という感じです。この点は値段相応という感じでしょうか・・この段階では全然期待などしていませんでした。

 

 

開封してみました。目に付く赤のデザインも、購入前になんとな?く期待しづらい部分はあったんですね・・・高級感も無いなーという感じで。

 

 

ただ手に持ってみると意外としっかりした作りになってる点と、USB接続での充電で使い勝手は良いんじゃないかという期待感は高まりました。まあ、問題は使用感なんですけどね・・・^^

 


 

マジか!今までに無い快感が襲う!

 

本体の入り口付近にローションを塗って挿入します。

 

 

挿入口は奥に行くほど狭まっていて販売元のNLSが謳っているいる通り、まるで喉の奥に無理やりグリグリ挿入できるような作りになっています。

 

 

挿入時にはローションが必須ですね。

 

 

スイッチを押すと最小の振動からスタートするのですが、まず驚いたのがこの最小の振動でも十分ヌける!ということです。

 

 

ヌキ方というとなんですが、女性の喉だと思ってグリグリ回しながら(ちょっと残酷な表現になりますが・・)使うと、かなり気持ちよかったです。

 

 

振動音は竿を入れた状態であれば、かなり小さくなり周りには気にならない程度まで抑えられています。(音の大きさは側にあったデスクトップPCの稼動音と同じくらいの音でした。)

 

 

振動は亀頭の裏側を集中的に責めるように作られており、かなり小刻みな振動が包み込んでくれ、本物の喉のように狭い粘膜状の中に挿入している感覚が得られました。

 

 

同じタイプの振動系に“激震オナリズム”がありますが、こちらは振動のみにフォーカスした機体で、しかも密閉された締め付け感はありません。

 

 

エレクトリック・ディープは意外にも高評価の口コミを書いている人が見られた機体だったので、もしかしたら・・・という思いはありましたが、気持ちの大部分は期待していなかったので今回は思わぬ収穫でした。

 

振動系のメリットも十分!

 

エレクトリック・ディープは内部構造が一般的なホールと違い、そこまで深くないという点と、挿入口が常に開いているため、使用後はティッシュやウェットティッシュで拭き取るだけで綺麗にできます。

 

 

水での洗浄が必須でないというのは、使用後に部屋を出る必要が無いため、“席を立ちたくない”という私のような面倒くさがりには非常に喜ばしい仕様です。

 

 

オマケに本体もコンパクトで隠しやすく、使用時には音も大きく無いのでコッソリ使いたい人には非常に向いていると言えます。

 

 

振動パターンは全部で12種類ありましたが、最初の1パターンめで十分抜ける気持ち良さだったので、他の人でも十分楽しめると思います。

 

 

稼働時間も90分間のフル稼働ができるので、普通に気持ちよくイけます。

 

 

本体の色を目立ちやすい赤にしたのはなぜなのか・・・この点だけが腑に落ちません。

 

 

値段はかなり安いというのも振動系の特徴ですが、エレクトリック・ディープも同様かなり気軽に買えるので、喉奥に挿入する快感でイキたい人にはかなりオススメできるでしょう。

 

エレクトリックディープの在庫確認はコチラ

TOPへ