コスパに優れた電動オナホールを知りたい!という要望に詳しく応えます。

 

電動オナホールは何かと高い価格の物が多いですよね。

 

 

それに加えて本体が大きすぎたり、音が大きかったりなど不完全な商品も非常に多いです。

 

 

お金を出して数万円の高級電動オナホールを買う予算があれば、これらのデメリットは最小限に抑えられますが1万円以下の低予算で、なるべくハズレではない電動オナホールを選びたい人の為に、今回おススメの機種をまとめてみることにしました。

 

1万円以下の電動オナホールラインナップ!

 

まず、実際に購入し使ってみた電動オナホールの中で1万円以下かつ、特におススメできる機種を選ぶと、以下が挙げられます。

 

  • Happiness Cup(回転式+ピストン式)
  • TENGAジャイロローラー(回転式)
  • BECK CUP・改(回転式+ピストン式)
  • 激震オナリズム(振動式)

 

特におススメはHappiness Cup

 

これらの電動オナホールの中でも特におススメなのはHappiness Cupです。

 

 

回転運動とピストン運動がダブルで楽しめる上に、金額はほぼ1万円ジャスト。

 

 

ホールの付け外しも容易で、快感も静音性も本体の大きさも一般的に許せる範囲の非常に使いやすい電動オナホールです。

 

 

本体のデザインも卑猥な印象ではなくクールなブラックで、蓋を閉めれば挿入口を隠せるので一見すると健康器具のようにも見えます。

 

 

結果、最悪な事態のリスクを最小限に抑えたデザインなので多少安心して所持できるでしょう。

 

 

軽いオプション機能として壁に貼り付ける吸盤が付いているので、固定した手放しプレイも楽しめます。

 

 

稼働はピストンと回転でそれぞれ10パターン用意されている点も非常に高評価で、好みの稼働パターンが必ず見つかります。

 

 

専用ホールは非常にシンプルに見えますが、ウネウネのプルプルした感じが左右にピストンと回転を繰り出す快感は、下手なフェラを数万円でしてもらうよりは間違いなく格上です。

 

 

似たような電動オナホールにBECK CUP・改がありますが、こちらはさらに4000円程安くなっておりリーズナブルですが、ピストンと回転の同時稼働しか無いという点と音が少し大きくなります。

 

 

その点に妥協できればBECK CUP 改でも問題ないでしょう。

 

TENGAファンには回転式のTENGAジャイロローラーもおススメ

 

 

TENGAは基本的には使い捨てのオナホールになりますが、愛用するファンが多いのも事実。

 

 

もしTENGAのオナホールを愛用している人であれば、それらを差し込むだけで回転の電動式を楽しめるTENGAジャイロローラーがおススメです。

 

 

シンプルなデザイン性を実現できたのは、内部のジャイロセンサーシステムによる手首の傾きだけで回転速度と方向を変えられる新機能のおかげです。

 

 

ゴム製のグリップ部分にTENGAのホールを差し込んで電源を入れるだけのお手軽さは電動オナホール界でトップクラスです。

 

 

専用のホールとして3種類が販売されており、快感レベルはデリヘルを利用するのと同程度だと問題なく言えますね。

 

 

また、本体だけの見た目からアダルトグッズだと判断するのはほぼ不可能に近いので、気持ち的な部分でも負担なく持っていられますよ。

 

 

振動式を試してみたい方は売り上げ本数トップの激震オナリズムがおススメ

 

振動式の電動オナホールは総じて価格も安い傾向にあります。

 

 

ローションも少量で済むというメリットとメンテナンスが楽で、本体の大きさも小さく所持にはほとんど困ることはありません。

 

 

その反面、ピストンや回転式とは違いリアルさに欠けるという点は否めませんが、振動でもオーガズムに達することはそこまで難しくはありません。

 

 

その証拠として、激震オナリズムは売上本数があのA10サイクロンSAと同程度の人気を誇っている上に購入者の口コミも高いものが多いです。

 

 

主に亀頭部分への刺激がメインなので、この部分の刺激でイキやすい人にはとてもおススメでき、愛用できる電動オナホールになるでしょう。

 

 

本体デザインもシンプルで隠しやすく、充電もUSB接続で利便性は高いので高品質な部類の商品です。

 

今回のまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

 

2019年、これから様々な電動オナホールが発売されてくるとは思いますが、安めの電動オナホールを探している人で、絶対にハズしたくない!という人は是非今回の意見を参考にしてみてください。

 

TOPへ