電動オナホール”A10サイクロンSA+PLUS“の内容とは?

新リニューアル”A10サイクロンSA+PLUS”

 

A10サイクロンSAは現在20万台以上の売り上げを誇る、大ヒット電動オナホールです。

 

 

あまりの人気に何度も欠品状態が続き、再入荷まで数ヶ月待つことも普通にありましたが、2018年7月、リニューアルして再販されることになったのが、”A10サイクロンSA+PLUS“です。

 

今回はそんな”A10サイクロンSA+PLUS“のリニューアル後の改善点とメリットについて解説していきます。

 

 

新しい改善点をまとめた

 

まず、リニューアル後にどのような点が変わったのかピックアップしてみました。

 

 

  • 無料で専用オナホール(メデューサ)がついてくる
  • キャップのシリコン部分が無くなった
  • 箱の変更
  • USBでの充電が可能に!
  • 価格が安くなった!
  • 専用無線アダプタが付属しなくなった

 

調べてまとめてみると、こんなに多くの変更点がありました。メリット部分が多いのに、値段が安くなったというのが非常に嬉しいですね。

 

 

無料の専用ホール”メデューサ“について

 

リニューアル前の販売時には、専用ホールは付属していませんでしたがPLUSではきちんと付属しています。

 

 

普通に購入すると2500円する専用ホールなのでそれが完全に無料になるのは有難いです。

 

 

付属する”メデューサ“は、内部に触手?のような長いウネウネがたくさん生えている専用オナホールで、外観だけで気持ち良さを掻き立てられますね。

 

 

そんな期待感もあってか購入者と人気が高く、今回付属する専用ホールに選ばれたのでしょう。

 

 

実際に購入し、使用したことがあるのですが、キツめのホールではなく、マッタリ系のオナホールです。

 

 

なので、高刺激か?と言われるとちょっと違うと思います。

 

 

高刺激でキツめが好みの方は、もう一つ専用オナホールを一緒に購入してメデューサと使い回しながら使用することをお勧めします。

 

 

USBでの充電が可能になった

 

驚くことに、これまでA10サイクロンSAはUSB充電に対応していませんでした。

 

 

それが、携帯用の充電器”microUSBケーブル“を使った充電ができるようになったので、いちいち専用の充電器を探す必要が無くなりました。

 

 

結構な頻度で充電する時に無い!ということが多かったので、非常にありがたいと変更ですね。

 

 

価格が1000円以上も安くなった

 

普通、ここまでメリットが増えると価格は高くなりそうな気がしますが、逆に安くなっています。

 

 

開発者側の自信の表れですね。

 

 

専用無線アダプタが付属しなくなった

 

パソコンでの動画連動を可能にするために必ず必要なのがこの、”専用無線アダプタ“です。

 

 

A10サイクロンSAを購入する際には必ず購入するようにしましょう。

 

 

なぜなら、パソコンで動画連動する予定が今は無くても、使っているうちに必ず大画面でAVとの連動がしたくなるに決まっているからです。

 

 

その自信はあります。

 

 

非常に安く手に入るものなので、覚えているうちにセットで購入しておきましょう。

 

 

キャップのシリコン部分が無くなった

 

マグネット式のキャップ部分の改良は意外と気付かない人も多いかもしれません。

 

 

冷たさや衝撃が、少しだけ緩和される効果を狙ったものだったと思うのですが、使っているうちに剥がれてしまうので、改良されたと考えられます。

 

 

箱が変更された

 

リニューアル前のA10サイクロンSAの箱は6角形のボックスに入っており、隠す際にはこの箱が非常に役に立ちましたが、今回からは長方形のボックスに変更されたので、隠す際には独自の工夫が必要になるでしょう。

 

 

今回のまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

 

リニューアルされたことでさらに購入しやすくなりましたが、何度もお伝えさせていただいている通り非常に人気の電動オナホールなので、いつ売り切れてもおかしくありません・・・。

 

 

購入前には一度在庫の確認をしてみてくださいね。

 

A10サイクロンSA+PLUSの在庫確認はコチラ

 

page top